DPD及びDPRマフラー トラック故障事例

三菱ふそうキャンターのDPFランプ点滅とエンジンチェックランプ点灯

投稿日:2020年4月13日 更新日:

  • 目次
  • 参考車種データ
  • 実際点検
  • 作業内容
  • 結論

参考車種データー

車名 キャンター
形式 PDG-FE74DV
原動機 4M50
初年度 H19-10
走行距離 450819km

 

備考
3ケ月前にインジェクター交換作業済み

DPFの詰まり点検説明はこちらから

DPDを参考にした故障個所の推測と

原因の点検手順はこちらから

実際点検

  • 症状確認

DPFランプの点滅とエンジンチェックランプ点灯

を確認したのでスキャンツールを使い点検。

エンジンダイアグコード
P1121 インテークスロットル開度異常
DPDダイアグコード
P1421 DPF異常1(早期目詰まり)
P1422 DPF異常2(早期目詰まり)

エンジン側の異常があるのでこちらが原因で

DPFの再生が制御されていると判断。

  • インテークスロットル点検

① モーターコイルの抵抗値を測定する。

端子⑤-⑥間の抵抗を測定

基準値 0.3~80Ω
端子⑤-⑥間の抵抗数値 154Ω
ポイント
測定値が基準値を外れる場合は、手動でバタフライバルブを5回ぐらい動かして再度測定します。

 

② 車両側の電源とアース線の確認

電源線 5V
アース線 正常

モーターコイル内の不良と思われるため

作業内容

① インテークスロットル交換を実施

② 差圧パイプの詰まり点検及び清掃

パイプの清掃方法はこちらからどうぞ

③ DPF関連情報をリセット

スキャンツールを使いDPF関連情報を

リセットします。

④ ダイアグコード消去

⑤ 排気差圧の点検を実施

正常基準内のため再生OK

排気差圧の説明はこちらから

⑥ 強制再生実施

正常時間内で再生完了

⑦ 試運転異常なし修理完了

結論

DPFの故障コードがでていましたが

エンジン側の故障コードがあったので

エンジン側の異常によるセーフモードに

よりDPFの再生を中止制御していたための

早期目詰まりと思われる。

排気差圧も正常範囲内だったので再生できま

したが、正常範囲外の場合は、DPFの分解

清掃が必要です。

エンジンのチェックランプが点灯すると

セーフモードに入りDPFの再生を中止する

ことを覚えておきましょう。

参考までにどうぞ

DPD,DPF、DPRの説明はこちらから

故障事例

イスズのエルフ DPD再生中にサブタンクの水が溢れて水温計上がる

イスズのギガDPDランプ点滅 DPDのOHしても直らず

イスズのフォワードDPD自動再生頻繁になる

三菱ふそうキャンター DPF点滅及びE/Gチェックランプ点灯 事例2

三菱ふそうキャンター DPFランプ点滅手動再生長い

トラック整備 見出し2



トラック整備 見出し2



-DPD及びDPRマフラー, トラック故障事例

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ハマナトレーラー ディスクブレーキがロックして自走不能のため出張

目次 参考車種データ 実際の症状 作業内容 結果 感想 参考車種データ メーカー ハマナ 車軸数 1軸 ブレーキ ディスクブレーキ 備考 夜間に2人で遠方出張 実際の症状 車両積み込み作業後に出発した …

三菱ふそうファイター スロットルボディー交換しても直らない

目次 参考車種データ 実際の症状 作業内容 結果 感想 参考車種データー 車名 ファイター 形式 PA-FK71 原動機 4M50 初年度 不明 走行距離 不明 備考 最初の点検者と作業者は別の人物 …

三菱ふそう大型トラック 6M70エンジンのオイル漏れ及びシフトレバーぐらぐら

目次 参考車種データ 実際の症状 作業内容 結果 感想 参考車種データー 車名 スーパーグレート 形式 不明 原動機 6M70 初年度 不明 走行距離 不明 備考 出張点検 実際の症状 上り坂でギヤチ …

DPDを参考にした差圧パイプ点検と掃除方法

目次 DPDの排気差圧点検 差圧パイプの清掃 イスズ車の排気差圧のリセット方法 差圧パイプの清掃後は再度差圧の点検 総論 DPD関連のチェックランプの故障原因推測 DPDの排気差圧点検 スキャンツール …

イスズのギガ 下り坂でギヤが抜けなくなる出張点検

目次 参考車種データ 実際の症状 作業内容 結果 感想 参考車種データー 車名 ギガ 形式 不明 原動機 6WF1 初年度 不明 走行距離 不明 備考 雪国をよく走るため下回り腐食が酷かった。 4軸車 …