トラック整備

日野デュトロのクラッチオイル交換時の注意と対処方法

投稿日:

目次

1 クラッチのオイル交換時にタンクが空になる!

2 クラッチのオイルタンクの構造説明

3 対処方法

4 タンクが空になったときのエアー抜き方法

クラッチのオイル交換時にタンクが空になる!

年式の新しいデュトロであったことです。

経験の少ない若手が、

クラッチのオイル交換をしていた時に、

クラッチペダルが「ペタペタ」になり

踏み代が無くなってオペレーチングから

オイルがでなくなることがありました。

(オイルタンクが空になる)

作業者は

「クラッチのオイルタンクを見ながら作業をしていた」

と話していた。

実際にオイルタンクを見てみると、

オイルはMAXレベルまでしっかり入っていた。

クラッチオイルをタンクに注いでみると、

ある程度オイルが入ってから

MAXレベルより上にオイルが上がってきた。

オイルタンクの中の

ブレーキとクラッチに分けている

仕切りがかなり高い位置にあり

クラッチ側のオイルが減っても

わからなかったと思われる。

クラッチのオイルタンクの構造説明

カバーの中に入っているのでタンクのこの面しか見えない。

タンクの中の仕切りがレベルゲージのMAXと

同じぐらいの高さにあり、

上側の図の方向からしかタンクが見えないので

クラッチ側のオイルの量が見えない。

しかもオイルタンクが小さくて

すぐにオイルがなくなる構造になっている。

 

 

対処方法

クラッチオイルを2回抜いたら

クラッチオイルを常にたすようにして

MAXレベルの上にオイルがある状態

保つようにしましょう。

タンクが空になったときのエアー抜き方法

① クラッチマスターからエア抜き

タンクにオイルをいれて

クラッチペダルを何回も踏む。

クラッチペダルを踏みっぱなしの状態で

オイルパイプのナットを緩めて

エアーが抜けきるまで繰り返す。

最初は「プチュプチュ」とエアーが抜けてくるが、

エアーがでなくなると

オイルのみが出てくるようになる。

必ずオイルを切らさないように注意する。

② オペレーチングからエアー抜き

クラッチマスター側のエアー抜きができたら

今度はオペレーチング側からエアー抜きをする。

行程①のようにクラッチペダルを踏み

エアー抜きをする。

ある程度踏みしろが出るまでこれを繰り返す。

ある程度踏みしろが出たら今度は

クラッチペダルを3回踏んで

4回目で踏みっぱなしにして

ブリザーを緩めてエアー抜きをする。

エアーがなくなるまでこれを繰り返す。

踏みしろなかなかでない場合は、

再度マスター側のエアー抜きからやり直す。

③ クラッチの切れ繋がりの点検

エアー抜きができたらクラッチの切れと

繋がり具合を必ず点検しましょう。

異常がある場合は

再度エアー抜きを繰り返します。

 

クラッチオイル交換の詳しい説明はこちらから

トラック整備 見出し2



トラック整備 見出し2



-トラック整備

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

エアータンクにオイル混入がおきる原因を考察

目次 1 主に考えられる原因 2 各部品ごとに説明 3 おすすめ整備順序 4 まとめ 1 主に考えられる原因 1 エアドライヤー 2 エアコンプレッサー 3 E/G本体 2 各部品ごとに説明 1 エア …

日野プロフィア E/G制御のECUに不具合リコールあり!

目次 1 対象車両 2 リコール内容 3 改善処置 1 対象車両 日野大型トラックのプロフィアで 平成29年6月5日~令和元年8月29日に 製造された車両です。 2 リコール内容 E/Gを始動時に、 …

日野レンジャーJ07Eエンジン ファンベルトオートテンショナーの故障ここを見て!

目次 1 オートテンショナーとは? 2 実際にあった故障 3 プーリーの傾き具合で判断! 1 オートテンショナーとは? オートテンショナーとは ファンベルトの張力をスプリングの力で 一定に保つための部 …

三菱ふそうスーパーグレートの6R10エンジンよくオイル漏れする原因?

目次 1 6R10のE/Gにオイル漏れが多い 2 よく漏れている個所 3 原因はこの部品か⁉ 1 6R10のE/Gにオイル漏れが多い 三菱ふそうスーパーグレートの6R10E/Gに オイル …

サプライポンプ及びSCVの基本作動と点検方法

目次 サプライポンプの基本作動 サプライポンプの点検方法 SCVの基本作動 SCVの点検方法 学習値リセット 総論 サプライポンプ 基本作動 燃料をコモンレールに供給している部品です。 サクションコン …