整備士基本技術 未分類

基本的なオイル漏れの点検方法

投稿日:2020年3月6日 更新日:

目次

  • 基本的なオイル漏れをする個所
  • 基本的な点検方法
  • 各箇所による漏れ
  • 総論

基本的なオイル漏れるをする箇所

よくある場所

  • 部品と部品のつなぎ目の部分
  • シール関係
  • ホース関係
  • パイプまわりのガスケット

ごくまれにある場所

  • 部品本体の亀裂、穴あき、割れ

基本的な点検方法

まず最初に漏れの個所を確認します。

確認出来たらパーツクリーナーで掃除

します。綺麗に油気を取りエンジンを

掛けるまたは試運転をして再度先ほど

の場所を見て漏れを確認済ます。

確認ができたらそこが締め付けが

出来るところなら締め付けて掃除

して再点検します。

締め付けても漏ってきたり締め付けら

れない場合はその部位のガスッケット

またはパッキン等交換の判断をします。

オイル漏れが広範囲にわたってあり

複数の個所である場合は特定が

難しいので

最も高い位置にある所から修理する

一番漏れが酷いところから修理する

怪しいところは全部修理する

このどれかをお客さんと相談して

作業を進めましょう。

各箇所による漏れ

  • エンジン回り

エンジンにはエンジンオイル、パワス

テオイル、燃料等が考えられます。

タペットカバー

カムフレーム

エンジンヘッドガスケット

エンジンフロントケース

エンジンリヤケース

フロントクランクシール

リヤクランクシール

オイルクーラー

パワステポンプ

サプライポンプ

高圧パイプ

オイルパン

などのパッキン、ガスケットもしくは

本体またはパイプ及びホース等沢山あり

説明しきれませんが締め付けができる

所は締め付けて基本的な点検方法を

参照にしてみてください。

  • トランスミッション

主にフロントリテーナーのシール及び

リヤシールがメインであとはアッパーカバー、

シフト、セレクトシャフトのシールと

ブリーザーと 思われます。

フロントのリテーナーシールの漏れは

エンジンのリヤクランクシールと

わかりにくいですがオイルの色で判断

できる時もあります。黒ければエンジン

茶色みたいならミッション側とある程度

目安になります。

  • デファレンシャル

デフケース本体の亀裂、ミッドシール

デフケースとデフの取り付け部の漏れ

が考えられます。

ミッドシールならガタの点検もしっかりし

ましょう。デフとケースの取り付けはボンド

だと思います。まずはボルトをしっかり

締めてみましょう。

  • フェールタンク

タンク本体のステーとのすれによる穴あき。

(タンクバンドの緩みが原因)

ホースのひび割れ、亀裂、硬化による

漏れが考えられます。

総論

基本的には漏れ箇所を確認して掃除後に

再点検し締め付けられるなら締めて

対応します。広範囲だとわかりにくいですが

経験で漏れてくるところがわかってくると

早く点検できるようになります。

基本的な点検方法のところに書いてある

ことを参考にしてみてください。

その他の基本整備技術はこちらから

トラック整備 見出し2



トラック整備 見出し2



-整備士基本技術, 未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

各パイプの脱着方法 基本整備技術

 目次 フクロウナットタイプのパイプ脱着 Iボルトタイプのパイプの脱着 フクロウナットタイプのパイプの脱着 パイプ取り外し 基本的に使う工具はスパナ及びモンキーレンチです。 フクロウナットが付くところ …

トラックのエアー漏れ点検方法 基本知識

エアーの漏れやすいところ ブレーキバルブ パワーシフト エアサスベローズ(たまに台の腐食穴あき) ABSのバルブ ブレーキチャンバーダイヤフラム及びマキシブレーキ エアタンクコック及びメクラ ナイロン …

大型トラックのブレーキダイヤフラムとホイールパークの漏れ点検方法

目次 1 ブレーキの構造説明 2 ダイヤフラムからのエアー漏れ点検 3 ホイールパークからのエアー漏れ点検 1 ブレーキの構造説明 まずブレーキの構造を理解すると どのように点検すればいいかが わかり …

トラックのマニュアル車クラッチオイル交換とオイルタンクの位置

上記の図はクラッチブースター 目次 1 注意事項 2 クラッチオイルの場所 3 オイル交換方法 4 まとめ 1 注意事項 今回の説明は基本的な マニュアル車両のことであり、 特殊なセミオートマ等に関し …

エアータンクにオイル混入がおきる原因を考察

目次 1 主に考えられる原因 2 各部品ごとに説明 3 おすすめ整備順序 4 まとめ 1 主に考えられる原因 1 エアドライヤー 2 エアコンプレッサー 3 E/G本体 2 各部品ごとに説明 1 エア …