トラック故障事例 トラック整備

三菱ふそうスーパーグレートの6R10エンジンよくオイル漏れする原因?

投稿日:

目次

1 6R10のE/Gにオイル漏れが多い

2 よく漏れている個所

3 原因はこの部品か⁉

1 6R10のE/Gにオイル漏れが多い

三菱ふそうスーパーグレートの6R10E/G

オイル漏れが多いと皆さん思いませんか?

定期点検をする車のほとんどで

オイル漏れが確認されます。

2 よく漏れている個所

上から順に行きます。

1 タペットカバーまわり

2 インターメディエイトプレート

インジェクターの配線が付く

プラスチックプレートで取り付け部が

割れていることもある。

取り外し時は再使用不可で交換です。

3 カムシャフトハウジング

4 E/Gリヤハウジング取り付け部

5 エアーコンプレッサー取り付け部

6 オイルパン

アルミとプラスチックのタイプがあり

プラスチックタイプは割れているものがある

3 原因はこの部品か⁉

上記の①・②・⑥はプラスチックで、

作られており熱で硬化して割れることが

推測できます。

そのほかの部分なんですが、

オイルミストセパレーター(CCV)

原因ではないかと思われます!

この間調べていたらリコールにこの部品があり、

説明内容に

E/Gオイルの交換時期の設定が不適切なために

オイルミストセパレーターにスラッジが溜まり

E/Gの内圧が上昇するとの内容がありました。

E/Gの内圧が上がるとパッキン等の弱い部分

かなりの負担がかかると思います。

このオイルミストセパレーター(CCV)が

原因でオイル漏れが起こる可能性は

かなり高いと思われます!

参考までにどうぞ。

オイルミストセパレーター(CCV)の

リコールの詳しい説明はこちらから

トラック整備 見出し2



トラック整備 見出し2



-トラック故障事例, トラック整備

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

イスズのエルフ DPD再生中にサブタンクの水が溢れて水温計上がる

目次 参考車種データ 実際の症状 作業内容 結果 噴射量についての補足 参考車種データー 車名 エルフ 形式 不明 原動機 4HL1 初年度 不明 走行距離 不明 実際の症状 アイドリングで荷物の積み …

サプライポンプ及びSCVの基本作動と点検方法

目次 サプライポンプの基本作動 サプライポンプの点検方法 SCVの基本作動 SCVの点検方法 学習値リセット 総論 サプライポンプ 基本作動 燃料をコモンレールに供給している部品です。 サクションコン …

トラックのマニュアル車クラッチオイル交換とオイルタンクの位置

上記の図はクラッチブースター 目次 1 注意事項 2 クラッチオイルの場所 3 オイル交換方法 4 まとめ 1 注意事項 今回の説明は基本的な マニュアル車両のことであり、 特殊なセミオートマ等に関し …

トラックのエアー漏れ点検方法 基本知識

エアーの漏れやすいところ ブレーキバルブ パワーシフト エアサスベローズ(たまに台の腐食穴あき) ABSのバルブ ブレーキチャンバーダイヤフラム及びマキシブレーキ エアタンクコック及びメクラ ナイロン …

トラックのエンジンオーバーヒートと水温が上がる原因を考察

目次 1 E/Gの冷却で大事なこと 2 水温が上がる原因におもに考えられるのもの  3 各部品ごとの説明 4 感想 1 E/Gの冷却で大事なこと ① しっかりと冷却水がラジエーターに入っていること ② …