トラック故障事例 トラック整備

三菱ふそう オイルミストセパレーター(CCV)によるリコールで火災の恐れ

投稿日:2020年5月28日 更新日:

目次

1 対象車両

2 リコール内容

3 改善処置

1 対象車両

平成22年3月30日~平成29年8月3日に製造の

スーパーグレイト

エアロエース

エアロクイーン

2 リコール内容

E/Gオイルの交換時期の設定が不適切なために

使用条件が厳しい場合は、設定期間より早く

E/Gオイルが劣化することがあり、そのまま

使用し続けるとオイルミストセパレーターに

スラッジが溜まって目詰まりを起こし

クランクケースの内圧が上昇してE/Gオイルが

吸気系に流入して、いきなりE/Gの回転が

上昇してE/Gが破損する恐れがある。

3 改善処置

対象の全車両のクランクケースの

内圧を測定して、

オイルミストセパレーターに

目詰まりがある場合は、

新品のオイルミストセパレーターに

交換しE/Gオイルとエレメントも交換する。

さらにE/G制御のプログラム

(オイル量減少時の検知性向上)と

対策プログラム(E/G過回転防止)

を追加する。

また適切なE/Gオイルメンテナンスの

喚起ステッカーを張り付け、

シビアコンディションの蒸気を明記し

たリーフレットを配布する。

オイルミストセパレーター(CCV)については

こちらも参考にしてください。

三菱ふそうスーパーグレートの6R10エンジンよくオイル漏れする原因?

トラック整備 見出し2



トラック整備 見出し2



-トラック故障事例, トラック整備

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

イスズのエルフ DPD再生中にサブタンクの水が溢れて水温計上がる

目次 参考車種データ 実際の症状 作業内容 結果 噴射量についての補足 参考車種データー 車名 エルフ 形式 不明 原動機 4HL1 初年度 不明 走行距離 不明 実際の症状 アイドリングで荷物の積み …

三菱ふそう大型トラック6R10エンジン、エアコンプレッサー交換方法 取り外し編

整備上の注意点 タイミング等ないのでそのまま外せます。 エアコンプレッサーのギヤのナットは逆ねじ。 ギヤの取り付け部はただのテーパーでキー等ないため組付け位置なし。   ラジエーターとエアコ …

エンジン吹き返し点検の基本的な流れ

目次 1 注意事項 2 吹き返しの原因と思われるもの 3 エンジン吹き返すとどんな症状か? 4 吹き返しの点検をするときの状況 5 お客さんに車の状態を確認しましょう! 6 実際に吹き返しているのか点 …

三菱ふそう大型トラック 6R10エンジン バルブクリアランス調整

         目次 エンジンのタイミングを合わせる 各バルブクリアランスを調整する エンジンのタイミングを合わせる フライホイールの刻印とカムシャフトの刻印を合わせて No1シリンダーの圧縮上死点 …

三菱ふそうキャンター 4P10エンジンのPCVフィルター(ブローバイエレメント)交換方法

目次 作業内容 1 PCVフィルターカバーを外す 2 PCVエレメントを外す 3 PCVフィルターカバー部品交換 4 PCVフィルター交換 5 組付け 作業内容 1 PCVフィルターカバーを外す ブリ …