トラック故障事例 トレーラー整備

ハマナトレーラー ディスクブレーキがロックして自走不能のため出張

投稿日:2020年5月11日 更新日:

  • 目次
  • 参考車種データ
  • 実際の症状
  • 作業内容
  • 結果
  • 感想

参考車種データ

メーカー ハマナ
車軸数 1軸
ブレーキ ディスクブレーキ
備考
夜間に2人で遠方出張

実際の症状

車両積み込み作業後に出発したらトレーラー側の

ブレーキがロックして引きずってしまい自走不能。

作業内容

① 出張準備

夜中に電話をもらい急いで会社に行き出張準備。

ブレーキのロックとの話だったので大掛かりな

整備になると判断し、2人で行くことを提案。

現地にてハブを分解整備できる準備をして出発。

② 現地到着状況確認

高速道路で2時間かけ現地に到着。

早速、状況を確認。

アウトリガーを上げてトラクター側に歯止めを

してホイールパークを解除して足まわりの点検。

左ブレーキがロックして回らずローター周りに

鉄粉が多数ついていた。

右側は異常なし。

下に潜りキャリパーを見ると内側のディスク

パットが付いていなかった。

外側のパットも残量が1㎜ぐらいしかなかった。

パットが脱落して噛み込んだと推測。

③ 左側タイヤを取り外して点検

ホイールパークを引いてアウトリガーを下げて

タイヤのナットを軽く緩めて、アウトリガーを

上げてタイヤを取り外し。

(ナットがかなり固く大苦戦)

ローターとキャリパーの内側にパットが挟まって

噛み込んでいた。

ローターとキャリパーのピストンも当たって

しまっていたので「ガリガリ」になっていた。

④ 噛み込んだパットの取り外し

マイナスドライバーをハンマーで叩いてパットを

取り外し。(すんなり外れる)

⑤ ドライバーさんに報告

パットの脱落による噛み込みが原因と報告し、

現地での修理は不可能なので応急で自走できる

ようにする段取りを説明。

⑥ 反対側の(右側)のパットの残量点検

右側は今のところ異常ないが左側のような状態に

ならないとも限らないので、パットの残量を点検。

右側はまだ5㎜ぐらい残量が残っていたので脱落

することはないと判断して処置等せずそのまま。

もし残量が少ない場合はパットの取り外しを実施

する予定だった

⑦ 左側キャリパーのピストンを縮める

ローターとキャリパーのピストンが当たってい

たのでブレーキを戻して当たらないように調整。

⑧ トレーラー側のブレーキを使えないようにセット

車軸ロックを解除し車軸を伸ばして、左右の

ブレーキチャンバーのセットボルトを伸ばして

エアーが無くなってもブレーキが効かないよう

にセット。

トラクターとトレーラーを繋いでいるエアー

ホースを取り外してトレーラー側のエアー

タンクのエアーを空にする。

エアーホースは踊り場とブースネックの間に挟み

こまないようにタイバンドで固定。

これでトレーラー側はブレーキが使えないが

転がすことができるようになります。

⑨ 左側のタイヤを取り付け

左側のタイヤを取り付けて車軸を格納しロックを

掛ける。

トラクター側のホイールパークを作動させて

からアウトリガーを降ろしてタイヤのナットを

規定トルクで締め付けて、トラクター側の

歯止めを取り外し。

⑩ ドライバーさんに再度確認

応急で自走できるようになったことを報告し、

トレーラー側のブレーキが使えないので

ジャックナイフ等事故が起こることもあるので

急ブレーキとスピードを出さないでゆっくり

安全運転をして弊社まで自走してもらうことを

確認して引き上げ。

⑪ 足回りの修理

車両が無事に弊社に入庫後に再度破損状態の点検。

破損があって交換した部位
左ハブベアリングの交換
左ローターの交換
左右パットの交換
左キャリパーの交換
左ABSセンサーの交換

上記の部品を交換。

部品の点数が多く欠品もあったため長期預かりに。

⑫ 試運転

試運転を実施異常なしのため修理完了です。

結果

パットの残量が無くなり脱落してローターと

キャリパーの間に噛み込んだことが原因の

ブレーキロックでした。

感想

故障の前に他の整備工場で定期点検整備を実施

していたそうなので、右側は5㎜ぐらいパットの

残量があったので点検ミスかなと思いました。

またかなりの高額修理にもなっているので、

パットも高いですが余裕をもって替えるように

した方がいいと思います。

参考までにどうぞ。

トレーラー整備はこちらから

トラック故障事例はこちらから

トラック整備 見出し2



トラック整備 見出し2



-トラック故障事例, トレーラー整備

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

キャンター4P10エンジンに白煙と火災にブローのリコールあり

目次 1 対象車両 2 不具合が発生する箇所 3 リコール内容 4 改善処置 5 追加 1 対象車両 平成22年5月26日~平成28年6月13日 の期間に製造された ① キャンター ➁ ローザ 対象台 …

年式の新しいトラックのエンジンオイルが漏れがないのに極端に減る

目次 1 日野の大型車両でE/Gオイルが減る 1-1 E/Gオイルランプ点灯 1-2 入庫車両にもE/Gオイルが少ない車両が 2 ブローバイエレメント⁈ 3 違うメーカーの車両でも同じようなことが! …

三菱ふそう大型トラック 路上で停止後にギヤ入らず。出張対応

目次 参考車種データ 実際の症状 作業内容 結果 感想 参考車種データー 車名 スーパーグレート 形式 不明 原動機 6M70 初年度 不明 走行距離 不明 備考 会社の近くの路上で自走不能 実際の症 …

三菱ふそうキャンター 登り坂で停車時にエンジン、エンストすることがる。

目次 参考車種データ 実際の症状 作業内容 結果 感想 参考車種データー 車名 キャンター 形式 不明 原動機 4M50 初年度 不明 走行距離 不明 実際の症状 登り坂で停車時にE/Gがエンストした …

三菱ふそう大型トラック6R10エンジン 水温オーバーヒート気味

長い上り坂で水温上がりオーバーヒート気味になる! 水温が上がる原因におもに考えられるのは、  ラジエーターに水がちゃんと入っているか(水漏れがないか)  エンジン吹き返しはないか(サブタンクの水が増え …