トレーラー整備

ハマナ トレーラ ディスクブレーキの車軸オイル漏れ修理 パート2

投稿日:2020年3月13日 更新日:

ホイストの取り外し

① 車軸ホイスト側の油圧ホースを2本外す

③ 車軸ホイストを手で押して最後まで縮める

油圧ホースを外したらホースの下にオイル

バケットを置きホイストを手で押して縮める。

中のオイルが出るので必ずバケットを置く。

④ ホイストキャップを叩いて押し込む

ホイストを押し込んだらキャップを

ボール芯等でを叩いて中に押し込みキャップ

とCリングの間に隙間を作る。

⑤ キャップ周りのごみを綺麗にとる

ごみがCリングとキャップの間に入り隙間が

作れないのでパーツクリーナー等を使い綺麗に

汚れを取る。

⑥ Cリングを外す

ホイストシリンダーの外側に穴があいている

ところがあるのでそこにマイナスドライバー

等を入れてCリングを押して隙間を作りそこに

マイナスドライバー等をいれて手前に引っ張り

出して抜きます。

キャップがしっかり叩き込まれてないと隙間が

できずに工具が入りません。

⑦ ホイストを抜く

ホイストの先端部にあうように

スライディングハンマーを加工して作ります。

下の図参照です。サイドの丸棒は左右に2本ずつ

いれて間にフラットバー入れて溶接してください。

 

ホイスト先端のねじ山にスライディング

ハンマーの先端をつけてナットの面より出る

ように手で絞める。

ホイストの下にオイルバケットを置いて

後はひたすら叩いて抜くだけです。

硬いやつは本当に硬く工具が壊れますが直し

ながら頑張りましょう。抜けてきたら

最後のほうはゆっくり抜きましょう。

勢いよくやると重たいので危ないです。

⑧ ホイストからキャップを外す

ナット緩めてキャップを抜きます。

⑨ ホイストシールを外し清掃及び点検

各シールを外して掃除してホイスト・ピストン・

キャップに不具合がないか点検します。

ピストン側はよくカムシャフトの破片が溜まって

いるので良くとりましょう。

キャップはオーリングが3連の

対作品に変えましょう。また対作品だと

ダストシールをスナップリングで押さえるよう

になります。かなり固いので強いやつを

使いましょう。

⑩ シリンダー側の点検

シリンダー側の掃除と点検をしましょう。

縦傷とえぐれまたは虫食いがないか点検します。

カムシャフトの破片があると思うので綺麗に

とります。カムシャフトの欠け具合もしっかり

点検しましょう。かみこみの原因になります。

パート3へ

トラック整備 見出し2



トラック整備 見出し2



-トレーラー整備

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ハマナ トレーラー ディスクブレーキの車軸非常回路説明

目次 車軸の非常回路とわ? 車軸非常回路の使用時注意事項 非常回路作動時の失敗作動 車軸非常回路の使い方 車軸の非常回路とは? 車軸の作動は アウトリガーの格納センサー 車軸ロックセンサー 車軸格納セ …

ハマナ トレーラー ディスクブレーキの車軸動かない点検方法

目次 実際の症状確認 点検手順 総論 実際の症状確認 まず実際の症状の確認をします。 エンジンを掛けてPTO及び昇降スイッチ を入れ走行状態から車軸を張り出して 車軸格納をしてまた走行状態にするの 一 …

ハマナ トレーラー ディスクブレーキの車軸オイル漏れ修理 パート4

車軸ブロックの取り付け ① 車軸ブロックの清掃 車軸ブロックのホイストとの連結部を 60番のペーパー等で掃除し錆やごみを 取りスプレーグリスなどを塗り入りを よくしておく。 ② 車軸ブロックの取り付け …

ハマナ トレーラー ディスクブレーキの車軸動かない原因

目次 主な原因 各箇所の故障原因 総論 考えられる原因 PTOが入らない 昇降スイッチの電源が入らない ソレノイドバルブ不良 アウトリガー格納センサー不良 車軸格納センサーの不良 車軸ホイスト内のかみ …

ハマナトレーラー ディスクブレーキがロックして自走不能のため出張

目次 参考車種データ 実際の症状 作業内容 結果 感想 参考車種データ メーカー ハマナ 車軸数 1軸 ブレーキ ディスクブレーキ 備考 夜間に2人で遠方出張 実際の症状 車両積み込み作業後に出発した …