トラック整備

トラックの3ケ月定期点検の手順を説明

投稿日:

目次

1 3ケ月定期点検の項目

2 3ケ月定期点検手順

2-1 車両の前側から点検していく

2-2 車両の前側から下に潜り後ろまで点検していく

2-3 車両の側面を点検していく

2-4 締め忘れがないか確認

3 補足

1 3ケ月定期点検の項目

1 かじ取り装置

2 制動装置

3 走行装置

4 緩衝装置

5 動力伝達装置

7 電気装置

8 原動機

9 付属装置

10 高圧ガスを燃料とする燃料装置等

11 日常点検

2 3ケ月定期点検手順

4トン車を基準にした点検手順です。

車種によって部品の位置が違うので注意してください。

車両の前側から点検していく

 

① 車両のジャッキアップ

② 室内外の灯火類の点検

誰かに見てもらうと楽です。

1人でやる場合はパイプなどを

ブレーキペダルにひっかけて

ブレーキの点灯を見ましょう。

③ ワイパーとウォッシャーを点検

水捌けの状態と噴霧状態を点検しましょう。

④ 乗車した状態でクラッチの点検

クラッチの遊びとギヤの入り、切れを点検します。

⑤ 排気ブレーキを使って排気漏れの点検

⑥ サイドブレーキの点検

ロックのの確認と引き代を点検する。

点検後はサイドブレーキを解除します。

⑦ キャブ内の荷物の点検

キャブを上げた時に荷物等が落ちてきて

Fガラスを割らないように細心の注意を払いましょう。

私は2回ほど割ったことがります。

もちろんガラス交換でした。

⑧ 各ペダルの遊び点検

アクセル、ブレーキ、クラッチの

ペダルの遊びを点検します。

⑨ マスターの点検

クラッチマスターの液漏れがないか点検します。

⑩ ボンネットを開けて各箇所点検

クラッチオイルの量を点検

サブタンクの水量を点検

ワイパーリンクにガタがないか点検

ヒーターホースの水漏れ点検

外気フィルターの清掃

⑪ ハブのガタとブレーキの引きずりを点検

前輪左右から点検して後輪左右の点検をしましょう。

前輪のガタの場合はブレーキを効かせて

キングピンかハブのガタのどちらかを点検します。

後輪のガタはハブのガタです。

⑫ キャビンを上げる

無線の配線や歯止めの紐がかかってないか注意しましょう。

⑬ 左前輪の足回りを点検

リーフピンにグリスアップをしながら、

ピンの摩耗、リーフの割れ、ずれ、Uボルト

の緩み等を点検。

ショックのオイル漏れとブッシュ等のガタ点検

ブレーキホースに膨れ、亀裂、ひび、擦れがないか点検

タイロッドエンドのガタを点検

キングピンにグリスアップをする。

ドラムブレーキのグロメットを外して

ブレーキの残量とギャップの点検をする。

⑭ E/Gの左側の点検

左側で点検できる部分を点検する。

E/Oの量の点検

エアークリーナーの点検

E/Gの水漏れ、オイル漏れ、燃料漏れを点検

ファンに亀裂がないか点検

ウォーターポンプのガタと水漏れの点検

クーラー、冷凍機、ファンなどの

各ベルトの摩耗、ひび割れ、亀裂の点検

ラジエーターの水漏れとアッパータンクの

変色状態を点検

水が垂れるのでラジエーターキャップは

E/Gの下側の点検が終わってから外します。

⑮ ワイパーの点検

ワイパーラバーにへたりや切れがないか点検

ワイパーブレードのガタ点検

Fガラスの亀裂等を点検

⑯ ヘッドライトのレンズの割れ等点検

⑰ 右前輪の点検

ギヤボックスのパワステオイル漏れ点検

ステアリングシャフトにグリスアップ

ドラックリンクのグリスアップとガタの点検

リーフピンにグリスアップをしながら、

ピンの摩耗、リーフの割れ、ずれ、Uボルト

の緩み等を点検。

ショックのオイル漏れとブッシュ等のガタ点検

ブレーキホースに膨れ、亀裂、ひび、擦れがないか点検

タイロッドエンドのガタを点検

キングピンにグリスアップをする。

ドラムブレーキのグロメットを外して

ブレーキの残量とギャップの点検をする。

⑱ E/Gの右側の点検

左側と内容が同じになってしまいますが

点検のやりやすいほうから作業してください。

E/Oの量の点検

エアークリーナーの点検

E/Gの水漏れ、オイル漏れ、燃料漏れを点検

ファンに亀裂がないか点検

ウォーターポンプのガタと水漏れの点検

クーラー、冷凍機、ファンなどの

各ベルトの摩耗、ひび割れ、亀裂の点検

ラジエーターの水漏れとアッパータンクの

変色状態を点検

水が垂れるのでラジエーターキャップは

E/Gの下側の点検が終わってから外します。

パワステオイルの量と漏れの点検

エキマニの排気漏れがないか点検

車両の前側から下に潜り後ろまで点検していく

⑲ 下側から前左右の足回りの点検

潜って内側の見えなかった部分の

リーフピンの摩耗、割れ、ずれ、Uボルト

の緩み等を点検。

⑳ E/Gの下側の点検

E/Gの水漏れ、オイル漏れ、燃料漏れを点検

㉑ トランスミッションの点検

T/Mオイル漏れとオイル量の点検

T/Mのグリスアップ

㉒ クラッチブースターの点検

クラッチの残量と遊びの点検

ブースターのオイル漏れの点検

ブースターの取り付け部の緩みの点検

㉓ エアータンクの点検

エアータンク内に水等がないかエアーを排出して点検

㉔ マフラーまわりの点検

マフラーやエキパイ、テールパイプに

排気漏れやガタがないか点検する

㉕ サイドブレーキの引きずりがないか点検

プロペラシャフトを回して手で回るか点検

ドラムの焼けぐあいを目視で点検

㉖ プロペラシャフトの点検

スパイダーとスプライン部のガタを点検

点検後にグリスアップを実施

㉗ 後輪の足回り点検

前輪がリーフだったので後輪はエアサスの点検にします。

エアサスのベローズのひび割れ、亀裂がないか点検

トルクロッドのブッシュにガタ、さび汁等ないか点検

ブレーキホースに膨れ、ひび割れ、亀裂、擦れがないか点検

ブレーキパイプの漏れ破損点検

ドラムブレーキのグロメットを外して

ブレーキの残量とギャップの点検をする。

D/Fのミッドのガタとオイル量と漏れの点検

車両の側面を点検していく

㉘ 車体の緩みを点検

車両を1周して点検ハンマーで点検していきます。

ボディーボルトとUボルトの緩み点検

サイドバンパーの取り付けのガタの点検

燃料タンクのステーとバンドの緩み点検

バッテリーケースとステーの緩み点検

リヤバンパーとステーの緩み点検

タイヤの山、空気とパンクを点検

スペアタイヤのガタ点検

テールランプやサイドウィンカー等の

灯火類のガタを手で触り点検

㉙ ブレーキオイルの量を点検

㉚ ラジエーターの水量を点検

ラジエーターキャップを点検

ラジエーター内の水量点検

㉛ バッテリーの点検

バッテリーの液量点検

ターミナルの緩み点検

バッテリーの比重点検

バッテリの性能をテスターで点検

㉜ タイヤの締め付け点検

㉝ 点検内容の報告

㉞ 指示内容の実施

締め忘れがないか確認

㉟ 点検した時に外した部位に締め忘れがないか全部確認する

㊱ キャビンを降ろす

E/Gまわりに忘れものがないか点検して

キャビンを降ろす。

㊲ サイドブレーキしっかり引く

㊳ ジャッキダウン

補足

この点検で3ケ月定期点検の

項目はすべて点検完了です。

作業になれれば1時間~1時間半ぐらいで

完了します。

速い人なら40分ぐらいで終わると思います。

私が勤めていたとこでは

バッテリーはテスターで点検し

比重も見ていましたが、

この作業は点検項目にはないので省けます。

参考にどうぞ。

トラック整備 見出し2



トラック整備 見出し2



-トラック整備

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日野プロフィアのE13Cエンジンでエンジン停止になるリコール

目次 1 対象車両 2 リコール内容 3 改善処置 1 対象車両 平成17年12月12日~平成29年3月28日に 製造された大型トラックの「プロフィア」 2 リコール内容 E13CE/Gにて吸気バルブ …

トラックのエンジンオーバーヒートと水温が上がる原因を考察

目次 1 E/Gの冷却で大事なこと 2 水温が上がる原因におもに考えられるのもの  3 各部品ごとの説明 4 感想 1 E/Gの冷却で大事なこと ① しっかりと冷却水がラジエーターに入っていること ② …

三菱ふそうキャンター4P10エンジンのオイル及びエレメント交換

作業手順 ① E/Gオイル量の点検 オイルを抜く前にE/Gオイルの量を確認します。 オイルが多かったり、少なくないかを点検して、 E/Gの状態を見ます。 ⇩ ② フィラーキャップを開ける フィラーキャ …

イスズのフォワード4HK1エンジン カムシャフトのシザースギヤに注意!

目次 1 カムシャフトのシザースギヤに刻印がある 2 シザースギヤとは何か? 3 実際に私が困った体験談! 4 まとめ 1 カムシャフトのシザースギヤに刻印がある イスズのフォワードのカムシャフトには …

三菱ふそうのスーパーグレート リヤブレーキでリコール!

目次 1 リコール内容 1-1ブレーキが効かなくなる⁈ 1-2 対象車種 2 改善処置 1 リコール内容 1-1ブレーキが効かなくなる⁈ エアサス車両のリヤブレーキシューを固定 しているリターンスプリ …