トラック整備 整備士基本技術

トラックのエンジンオーバーヒートと水温が上がる原因を考察

投稿日:

目次

1 E/Gの冷却で大事なこと

2 水温が上がる原因におもに考えられるのもの

 3 各部品ごとの説明

4 感想

1 E/Gの冷却で大事なこと

① しっかりと冷却水がラジエーターに入っていること

② 冷却関係の部品がしっかり作動していること

2 水温が上がる原因におもに考えられるのもの

1 冷却水の漏れ

 2 エンジン吹き返し

3 マフラー再生中の噴射量の異常

4  サーモスタット不良

5  ウォーターポンプ不良

6  ラジエーターの詰まり

7  ファンカップリング不良

 

 3 各部品ごとの説明と点検

1 冷却水の漏れ

説明

ラジエーターに冷却水がしっかりと

入っていることはとても大事なことです。

冷却水がしっかりと入ってないと

E/Gを冷却することはできません。

点検方法と原因

水圧テスターを使い下記①~④の

冷却系統の水漏れを点検します。

① ウォーターホースとパイプの漏れ

② ラジエーターの漏れ

③ ウォーターポンプの漏れ

④ そのほかの冷却装置の漏れ

※ ラジエーターのアッパータンクが

変色していると水圧テストをした時に

水漏れすることがあるので注意してください。

水漏れがないのに水が減る原因の考察はこちらから。

 

 2 エンジン吹き返し

説明

E/Gの吹き返しがあるとラジエーターの

冷却水が減ってしまいE/Gを

冷却することができません。

点検方法と原因

E/Gの吹き返しの原因は主に下記の①~④です。

① E/Gヘッドの亀裂

② E/Gヘッドガスケットの不良

③ EGRクーラーに亀裂

④ エアーコンプレッサーヘッドの割れ

E/Gの吹き返し点検の詳しい説明はこちらから。

 

3 マフラー再生中の噴射量の異常

 

 

説明

マフラー再生中になるので

基本的に停車時に起こります。

マフラーの再生中の

噴射量が規定値にないために

E/Gが高温になり

冷却水が沸騰してしまう。

下記の車両で実際にありました。

① イスズのエルフとフォワード

② 日野のレンジャー

点検方法と原因

スキャンツールを繋ぎデーターモニターで

マフラー再生中の噴射量の点検する。

主な原因は下記の部品です。

 

① 排気シャッターの閉度の異常

② 可変ノズルターボチャージャーの不良

 

排気シャッターの調整で

対応できる場合もあります。

日野の車両ですが、調整方法の

詳しい説明はこちらから。

マフラー再生中にオーバーヒートした

事例に興味がある方はこちらから。

 

4  サーモスタット不良

説明

サーモスタッドはE/Gの水温を設定値に保ち

ラジエーターに流れる水量を調整して

オーバークールを防止している。

E/Gの水温調整をしている部品で

最初にに疑うところです。

点検方法と原因

オーバーヒートの場合はサーモが

開かないことでラジエーター側に

水が流れず冷却されないことが考えられる。

サーモスタットの固着を疑います。

サーモスタット本体を取り外し

パッキン類の劣化等を点検するのと

お湯の中にいれて設定温度でサーモが

しっかり開くかを点検します。

目視だとわかりにくいので、

サーモを外す場合は交換前提で作業します

 

5  ウォーターポンプ不良

説明

ウォーターポンプは冷却水に過流を

与えることによって冷却水がE/G内部と

ラジエーターを循環するようにしている。

点検方法と原因

ウォーターポンプのシャフトにガタがないかと

水圧テスターでシャフトシールの水漏れを点検。

冷却水の錆が酷く、E/Gがかかっている状態で

冷却水に過流が見られない場合は

ウォーターポンプのインペラが

錆びてなくなっていて過流が

作れなくなっていることがある。

 

6  ラジエーターの詰まり

説明

ラジエーターはアッパー及びロアータンクと

冷却水を流すコアとコアの熱を放出する

フィンからできている。

コアに流れるE/Gで熱くなった冷却水を

ファンと走行時に受ける風とで冷却している。

点検方法と原因

① 水圧テスターで漏れがないか点検する。

 

② ラジエーターのコアとフィンの間に

ごみ等が詰まっており風の抜けが悪くなって

冷却効果が落ちていないか点検する。

詰まっている場合はごみ等を取り除く。

 

③ ラジエーター内部に錆び等の

ごみが溜まってしまい冷却水が流れなくなり

冷却ができなくなっていないか点検する。

冷却水の汚れを見るのとアッパータンクと

ロアータンク内部の詰まりを目視で点検するか

外注に詰まりの点検を依頼する。

 

ラジエーターの詰まりによるオーバーヒートの事例

三菱ふそうファイター オーバーヒート及びE/G吹き返し(大)

三菱ふそう大型トラック6R10エンジン 水温オーバーヒート気味

 

7  ファンカップリング不良

説明

E/G動力による冷却ファンには

ファンカップリングがありラジエーター内の

水温が低いときはファンを空転させる。

水温が上がるとファンカップリング内の

液体の作動でファンが回りはじめる。

最近のトラックの大型車両でも

電動ファンが増えてきました。

点検方法と原因

下記の①と②の点検でファンカップリングが

不良の場合はファンがしっかりと

ラジエーターを冷却できないので

水温が上がる原因に考えられる。

 

① ファンの回転具合を目視で点検する。

E/Gの回転速度に対してファンの回転速度が

普段より遅れているように見える場合は

ファンカップリングが不良の可能性が高い。

この状態の時にスチーム等でファンに

抵抗を加えるとファンが止まることがある。

手でも止めることもできるが危険なため

お勧めしません。

 

② 水温を上げてサーモスタットが開いたときに

温かい風がしっかりと出てくる場合は

ファンカップリングがしっかりと

作動していると判断します。

暖かい風がでてこない時は、

ファンカップリングが不良の

可能性があります。

感想

その他の原因もあると思われますが、

自分のわかる範囲で考察してみました。

参考までにどうぞ。

 

トラック整備 見出し2



トラック整備 見出し2



-トラック整備, 整備士基本技術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

イスズのフォワード4HK1エンジン カムシャフトのシザースギヤに注意!

目次 1 カムシャフトのシザースギヤに刻印がある 2 シザースギヤとは何か? 3 実際に私が困った体験談! 4 まとめ 1 カムシャフトのシザースギヤに刻印がある イスズのフォワードのカムシャフトには …

トラックのマニュアル車クラッチオイル交換とオイルタンクの位置

上記の図はクラッチブースター 目次 1 注意事項 2 クラッチオイルの場所 3 オイル交換方法 4 まとめ 1 注意事項 今回の説明は基本的な マニュアル車両のことであり、 特殊なセミオートマ等に関し …

ブレーキチャンバーダイヤフラム交換 イスズのギガ編

車検でハブがばれている状態での交換方法です。 1  ブレーキチャンバーダイヤフラム取り外し ブレーキの構造説明と ピギーパックの交換はこちらから ① マキシブレーキにセットボルトを入れる エアが抜けて …

ブレーキチャンバーピギーパック交換方法

目次 1 構造説明 1-1 サービスチャンバーの作動 1-2 ピギーパックの作動 2 交換前の注意事項 3 交換手順 1 構造説明 ブレーキチャンバーASSYは圧縮エアーを使って パーキングブレーキと …

オイルミストキャッチャーのオイルを定期的に排出してください!

目次 1 オイルミストキャッチャーの役割 2 定期的に排出してください! 3 補足液体の排出時の注意事項 4 感想 1 オイルミストキャッチャーの役割 オイルミストキャッチャーは エアドライヤーから排 …