トラック整備 整備士基本技術

トラックのエアー漏れ点検方法 基本知識

投稿日:2020年3月3日 更新日:

エアーの漏れやすいところ

  • ブレーキバルブ
  • パワーシフト
  • エアサスベローズ(たまに台の腐食穴あき)
  • ABSのバルブ
  • ブレーキチャンバーダイヤフラム及びマキシブレーキ
  • エアタンクコック及びメクラ
  • ナイロンチューブの擦れ穴あき及び取り付けニップル
  • エアーパイプ
  • ホイールパークレバーユニット(マキシブレーキ)
  • エアドライヤー本体
  • キャブのエアサス及びバルブ
  • その他

お客さんに症状を確認しましょう

  • どのくらいの時間でどのくらい減るのか
  • どこら辺からエアー漏れの音がするのか
  • どんなことをすると漏れるのか

実際に漏れを点検してみる

まずエアーが今何キロあるのか確認しエンジンを掛けて

エアーを満タンにし漏れの点検をします。

車を一周して漏れてる音がしないか確認します。

あればそこを点検していきます。

ない場合いはエアー漏れの音でわかりやすい

ブレーキまわりから点検していきます。

ホイールパークを降ろしてマキシブレーとレバーの

漏れを点検、ない場合はブレーキを踏んでエアー漏れ

があるか見ます。ここでもない場合は洗剤などの

エアー探知機でエアー漏れを点検していきます。

ブレーキまわりでエアーを使ったらまた溜めましょう。

漏れ音が聞こえないのですごい漏れではないと判断します。

エアー漏れの点検は各部位を点検していくので

時間がかかります。

1時間に何キロ減るかも漏れの目安にします。

エアーの減り具合で漏れの具合がわかるからです。

  • キャブのエアサス及びバルブ
  • ブレーキバルブ
  • パアワーシフト
  • エアドライヤー
  • ABSバルブ

が漏れる確率高いので先に点検しましょう。

ここから下に潜るので車をあげましょう。

パワーシフトは漏れがなくても位置を動かすと

漏れることもあるので要注意です。

次に点検するのがエアサスベローズを点検します。

エアサスを一杯上げた状態と降ろしきった状態で点検します。

これは必ず両方やりましょう。

次に

  • エアタンク及びメクラ
  • ナイロンチューブ及び取り付けニップル
  • エアーパイプ

ここを点検しましょう。

ナイロンチューブの束ねているとこの擦れによる穴あきは

束ねてるとこをずらすと音が聞こえてわかるようになります。

かすかでも漏れ音がしてないと非常に見つけにくいです。

総論

エア漏れの点検は漏れの音がしてないと非常にわかりずらいです。

時間もかなりかかるので、どの車種のどこが漏れやすいとか

どの部品がよく漏るのかがわかると時間の短縮になります。

参考になればうれしです。

エア漏れの故障事例

イスズ フォワード、6HL1エンジンのエアーが溜まらない

トラック整備 見出し2



トラック整備 見出し2



-トラック整備, 整備士基本技術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

エアータンクにオイル混入がおきる原因を考察

目次 1 主に考えられる原因 2 各部品ごとに説明 3 おすすめ整備順序 4 まとめ 1 主に考えられる原因 1 エアドライヤー 2 エアコンプレッサー 3 E/G本体 2 各部品ごとに説明 1 エア …

三菱ふそう大型トラック 6R10エンジン Jakeブレーキクリアランス調整

     目次 Jakeブレーキの作動原理説明 Jakeブレーキ作動条件 Jakeブレーキのクリアランス調整 Jakeブレーキの作動原理 圧縮工程の開始された少し後と圧縮工程の 終了する直前にエキゾー …

基本的な整備技術 各ホース交換編

基本的な各ホースの交換技術を説明します。 水・オイル・燃料ホースの基本的な交換方法は一緒です。 まずホースバンドを外します。 締め付けタイプとワンタッチタイプがあります。 バンドを外したら次はホースと …

年式の新しいトラックのエンジンオイルが漏れがないのに極端に減る

目次 1 日野の大型車両でE/Gオイルが減る 1-1 E/Gオイルランプ点灯 1-2 入庫車両にもE/Gオイルが少ない車両が 2 ブローバイエレメント⁈ 3 違うメーカーの車両でも同じようなことが! …

トラックのマニュアル車クラッチオイル交換とオイルタンクの位置

上記の図はクラッチブースター 目次 1 注意事項 2 クラッチオイルの場所 3 オイル交換方法 4 まとめ 1 注意事項 今回の説明は基本的な マニュアル車両のことであり、 特殊なセミオートマ等に関し …