DPD及びDPRマフラー トラック整備

サプライポンプ及びSCVの基本作動と点検方法

投稿日:2020年3月19日 更新日:

目次

  • サプライポンプの基本作動
  • サプライポンプの点検方法
  • SCVの基本作動
  • SCVの点検方法
  • 学習値リセット
  • 総論

サプライポンプ

  • 基本作動

燃料をコモンレールに供給している部品です。

サクションコントロールバルブ(SCV)と

燃料温度センサーが電子部品としてありECU

が目標コモンレール圧力を確保するために

SCVに電流(ディーティー制御)を流して

燃料の流量を調整することで目標のコモン

レール圧力を確保する。

  • 点検方法

外部診断機を使いデータモニターで

目標コモンレール圧と実コモンレール圧の

レスポンスを見る。

目標コモンレール圧 32.3 MPa
実コモンレール圧 32.5 MPa

良否判定のポイント

エンジンの回転数による変動で判断をします。

アクセルをあおって目標コモンレール圧に対して

実コモンレール圧が瞬間的に追いつくか見ます。

実際に見ていると目標値に対して実圧が半呼吸

おいてから追いついてくるような感じです。

SCV

  • 基本作動

SCV(サクションコントロールバルブ)は

目標コモンレール圧に到達するためにSCVの

デューティー比(通電時間)を制御して

サプライポンプに供給する燃料の量を調整する。

主にサプライポンプに付いていて単品で部品

が出ないものが多いいです。

デューティーとF/Bが下がるとコモンレール圧が上がる

SCVデューティー ⇩ 32
SCV F/B ⇩ 960 mA
目標コモンレール圧 ⇧ 31 MPa
実コモンレール圧 ⇧ 31 MPa

デューティーとF/Bが上がるとコモンレール圧は下がる

SCVデューティー ⇧ 32
SCV F/B ⇧ 960 mA
目標コモンレール圧 ⇩ 31 MPa
実コモンレール圧 ⇩ 31 MPa

SCVがオフの時に最大吐出量になる。

SCVがオンの時に最小吐出量になる。

  • 点検方法

外部診断機を使いデータモニターで

SCV駆動デューティーとSCV駆動F/Bの

振れ幅を見ます。

SCVデューティー

アイドル時は30~40%の範囲で振れ幅5%以内。

SCV F/B

アイドル時に900~1100mAの範囲で振れ幅

100mA以内。

150mA以上の振れ幅でアイドリング不調

になります。

SCV駆動デューティー 36
SCV駆動 F/B 1030 mA

「SCVデューティー」と「SCV F/B」は

反比例の関係にあります。

サプライポンプとSCVの交換時には学習値リセット

ECMはSCVの劣化に応じて補正を掛けています。

この補正量を学習しているので下の部品を

交換した時は初期化が必要です。

  • SCVの交換
  • サプライポンプの交換
  • ECMの交換

上記の部品を交換後学習値のリセットを

しないとコモンレール圧力を適正にでき

ないので

  • 始動不良
  • ラフアイドル
  • 吹け上がり
  • ディーゼルノック
  • その他

が発生してしまうことがあります。

これは交換前の部品の補正値で指示を出し

てしまうからです。

総論

データモニターで数値を見て判断して

いくのですが基本的部品の燃料エレメント

大事になっていきます。

イスズのエルフを意識して作りましたが

他の車種でも大きな違いはないと思います。

参考までにどうぞ。

トラック整備 見出し2



トラック整備 見出し2



-DPD及びDPRマフラー, トラック整備

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日野プロフィア E/G制御のECUに不具合リコールあり!

目次 1 対象車両 2 リコール内容 3 改善処置 1 対象車両 日野大型トラックのプロフィアで 平成29年6月5日~令和元年8月29日に 製造された車両です。 2 リコール内容 E/Gを始動時に、 …

トラックのエアー漏れ点検方法 基本知識

エアーの漏れやすいところ ブレーキバルブ パワーシフト エアサスベローズ(たまに台の腐食穴あき) ABSのバルブ ブレーキチャンバーダイヤフラム及びマキシブレーキ エアタンクコック及びメクラ ナイロン …

DPD修理の基本行程(故障個所と原因の推測)パート1

ここではDPDの詰まりによる作業工程を例に 挙げています。 目次 車両の状態確認 スキャンツールで点検する 差圧パイプの詰まりの点検をする 水温の点検 エキゾーストシャッターの点検 黒煙が出ているか見 …

三菱ふそうキャンターのDPFランプ点滅とエンジンチェックランプ点灯

目次 参考車種データ 実際点検 作業内容 結論 参考車種データー 車名 キャンター 形式 PDG-FE74DV 原動機 4M50 初年度 H19-10 走行距離 450819km   備考 …

トラックのエンジンオーバーヒートと水温が上がる原因を考察

目次 1 E/Gの冷却で大事なこと 2 水温が上がる原因におもに考えられるのもの  3 各部品ごとの説明 4 感想 1 E/Gの冷却で大事なこと ① しっかりと冷却水がラジエーターに入っていること ② …