トラック故障事例

イスズエルフ 4JJ1エンジン走行中の加速不良と信号待ちでエンジン止まる時あり。

投稿日:2020年4月30日 更新日:

  • 目次
  • 参考車種データ
  • 実際の症状
  • 作業内容
  • 結果

参考車種データー

車名 エルフ
形式 不明
原動機 4JJ1
初年度 不明
走行距離 不明

実際の症状

引き取り時に走行中の加速不良はなかったが、

信号待ちの時にE/G止まることがあった。

作業内容

① ダイアグコード点検

過去コードで何か異常コードが出てないか

点検したが異常なし。

② データモニターで各数値点検

データーモニターで目標コモンレール圧力と

実コモンレール圧力を点検。

数値に異常もなく、目標圧力と実圧力の追従

もしっかりできている。

③ スロットルボディー点検

スロットルボディーのセンサー特性不良を

疑ったので、データモニターで数値を見ながら

実際のスロットルの動きを見て数値と連動して

いるか点検。

しっかりと連動している。

④ エアクリーナ点検

エアクリーナの詰まりによる吸気量不足を

疑ったが汚れ等なし。

せっかくなので、掃除をして取り付け。

⑤ 燃料系統点検

燃料 目視と触診で軽油が入っていることを確認。
燃料タンク 目視にてタンク内部にゴミ等異物なし。
燃料パイプとホース パイプとホースに亀裂やひび割れ等なし。
燃料エレメント 交換履歴を点検したが定期的に交換している。

各ドレーン、ブリーザー緩み等なし。

燃料エレメントが2個付いているタイプで

プラスチックケース側の燃料がエレメントに

付くぐらいしか入っていないのを確認した。

各パイプとホースに異常がなく、エレメントの

ブリーザー等の緩みもないのですが、

燃料エレメントに空気が入っていたので、

燃料系統のエアー混入があると判断。

プライミングポンンプを突いたら燃料

エレメントケースに燃料が満たされていくの

が確認できた。

また、E/G始動させてアイドリングで放置して

いても燃料エレメントケース内の燃料はへらな

かったが、E/G2000回転ぐらいを数分保って

いたらじわじわとケース内の燃料が減ってきた

⑥ 燃料系のエアー混入点検。

燃料タンク側から各ホースをビニールホースに

変えていきどこでエアーを吸い込んでいるか点検。

燃料エレメントまで点検をしたがエアーの吸い

込みを確認できず。

燃料エレメントケースに問題があるかもしれな

いので交換を提案。

⑦ 燃料エレメントケース交換

燃料エレメントケース交換後に再度E/Gを

2000回転にして数分保っても燃料が減ら

なかった。

⑧ 試運転

スチームを掛けてきれいに掃除。

走行時に特に問題等なし。

試運転後に燃料エレメントケース内の燃料を

見たらまた減っていた。

後考えられるところはケース本体の取り付け

ぐらいだったので、そっくり交換を提案。

⑨ 燃料エレメントケースの取り付け部をそっくり交換。

燃料ケース取り付け部を部品で頼むとケースと

エレメントもそっくりついてきた。

ケースとエレメント交換していたがそっくり

交換することに。

⑩ 再度エアー混入点検

また、E/Gを2000回転に保ち、数分置いて

燃料の減り具合を点検。

減りなし。

⑪ 再度試運転

スチームで掃除をして、再度試運転を実施。

走行時に問題なし。

⑫ 再度点検

燃料の減り具合点検異常なし。

漏れ締め忘れ等もないのでこれで修理完了。

結果

燃料エレメントケースの取り付け部に何らか

の不具合があり、そこからエアーの混入が

起こってしまったことが原因と思われます。

燃料エレメントケースが透明なプラスチック

ケースでできていなければ、エアーの吸い込み

は非常にわかりにくかったと思います。

また同じような部品を交換して部品代等余分に

掛かってしまいましたが一つずつ悪いと思われる

ところを直しながらの点検方法だったので仕方ない

と思っています。

今回の事例があるので次回からの作業は短縮

されるはずなので。

参考までにどうぞ。

その他のトラック故障事例はこちらから

トラック整備 見出し2



トラック整備 見出し2



-トラック故障事例

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

イスズのフォワードDPD自動再生頻繁になる

目次 車両データ 作業内容 結果 車両データ 車種 フォワード 形式 TKG-FRR90 原動機 4HK1 初年度 H27-8 エキパイに再生専用のインジェクターが付いているタイプ 作業内容 納車時間 …

三菱ふそうファイターSCRランプ点灯

目次 車種説明 実際の故障コード 作業内容 結果 車種説明 車名 三菱 形式 TKG-FK64F 原動機 6M60 初年度 H24-5 走行距離 241054㎞ 実際の故障コード 2種類の故障コードが …

イスズのフォワード 4HK1エンジンのラジエーター水漏れオーバーヒート

目次 参考車種データ 実際の症状 作業内容 感想 参考車種データー 車名 フォワード 形式 TKG-FRR90 原動機 4HK1 初年度 不明 走行距離 不明   備考 冷凍機付き車 実際の …

三菱ふそう大型トラック6R10エンジン 水温オーバーヒート気味

長い上り坂で水温上がりオーバーヒート気味になる! 水温が上がる原因におもに考えられるのは、  ラジエーターに水がちゃんと入っているか(水漏れがないか)  エンジン吹き返しはないか(サブタンクの水が増え …

三菱ふそう オイルミストセパレーター(CCV)によるリコールで火災の恐れ

目次 1 対象車両 2 リコール内容 3 改善処置 1 対象車両 平成22年3月30日~平成29年8月3日に製造の スーパーグレイト エアロエース エアロクイーン 2 リコール内容 E/Gオイルの交換 …